綺麗に使用する

賃貸物件には礼金とか敷金という制度があることはご存知だと思います。この礼金と敷金のうち、敷金は借主にとってお守りのような存在です。 今では、賃貸契約が終了して現状復帰(元の状態に戻すこと)の時に、経年劣化で壊れたり汚れた部分を除けば、(壁に穴を開けたり、床をへこませたりした場合は)ほぼ敷金で修理をするという定めになっています。これは借主にとっては退去後に数十万円のお金を請求されることがなく、しかも多くの場合敷金の余りは借主に戻っていることからなんだか得した気分になってしまう人も多いのではないでしょうか。 これに対し、昔は敷金という制度がありましたが、礼金とそれ程大差はなく、現状復帰でも借主に請求されることがあり、借主には不利な制度だったのです。 その点が改善されただけでも賃貸契約の促進につながっているのです。

現状復帰の今後の動向についてはどうでしょうか。現状復帰自体は、初期費用としては大きいですが、最終的には借主には有利なことなので今後もこの制度が残っていくでしょう。 最近は敷金も礼金も0円という物件が増えてきています。これらの物件の目的は一言で言えば「早めに契約をしたいから」という理由です。契約をするにあたり借主が一番気にかけるのが初期費用がどれだけ安いかという点です。その点敷金と礼金が0円の物件であれば、敷金と礼金をそれぞれ2か月分とる物件よりも20万円ほど安くなるのです(家賃が5万円ほどの物件と仮定した場合です)。 ただ、初期費用でクリーニング代を4,5万円ほどとっていることもあります。 いずれにしても不動産が余る将来においては、この傾向はしばらく続くと予想できます。