費用の把握

住宅設備というのは日進月歩で日々新製品が発売されています。新築時には最新式の備品であっても、10年以上経つとすっかり古い型になっています。 インターホンもそのような備品の一つで、新築時につけたものを、「壊れていないから」とそのまま使っている家庭も少なくありません。 もちろん、それで不満がなければ良いのですが、防犯面から考えると見直しが必要なこともあります。 例えば、小さいお子さんが留守番する機会が多い場合や、宅配などの荷物が頻繁に届くような環境では、インターホン一つで安全性に大きな開きが出てきます。 インターホン交換は、自分でできる場合では、機械を購入するだけなので1万円前後でできます。 工事が必要なケースでは別途、15000円くらいからで可能です。

インターホン交換に関しては、自分で交換すると安くできるため、量販店や電気店で購入して取り付ける人も多いようです。 モニター付きのものでも1万円以下で購入できるので、ネットなどで購入することで、さらに費用を抑えることが可能になります。 ただ、自分で交換できない時には、業者に工事を依頼しなければなりません。この工事費用も思ったより安く、最新式のインターホンと交換しても、トータル5万円もあれば交換完了です。 以前より安価になっているので、価格で交換を躊躇している場合には、ネットで情報収集するなどして、自宅のケースでいくらかかるのか調べてみるのが得策です。 モニター付きのインターホンに交換することで、価格以上の安全効果を実感できるはずです。